ハッシュドタッグマン ブログ版

ハッシュドタッグマンです。このブログではゲームの日記やお役立ち情報、ニンテンドーダイレクトの速報や、買うべきゲーム用品の紹介などを発信しています。紹介した商品のリンクを貼っているので活用してみて下さい。

MENU

最近仮面ライダーのテレビゲーム出てない。

こんにちは、ペンネです。

今はこの前、ナゲットを揚げていた時に油が跳ねて手に火傷の跡が残ってしまい、早く治って欲しいところです。

私は仮面ライダーをたまに見ていて、最後にちゃんと見たのは仮面ライダーゼロワンで、今は風都探偵に向けて仮面ライダーWを見直しています。

仮面ライダーといえばゲームも面白いです。格闘ゲームやアドベンチャー、中にはカードゲームなんかもあってバリエーションがあります。ですが、家庭用ゲームではメモリーオブヒーローズを最後に出ていません。

そこで、現在復活欲しい仮面ライダーのゲームシリーズを書いていきます。

 

①バトライドウォーの新作

バトライドウォーは簡単に言うと仮面ライダーと無双を合わせたようなゲームです。

フォームチェンジやパワーアップを駆使して群がる敵を倒していく感じでなりきりアクションとしても好評です。

ですがバトライドウォー創生(ゴーストや昭和ライダーが出たゲーム)で止まっています。

なので単純にリバイスまでのライダーを追加して欲しい所です。

創生では究極フォーム(劇場版フォーム)が使えるのが魅力でもあるので、例えばてれびくんやvシネマ、小説版などから採用されたら面白そうです。

ただし本編と同じボイスにするには厳しいので代役の方も増えそうという懸念もあります。

 

クライマックスシリーズの新作

クライマックスシリーズはディケイドの頃から存在するシリーズで、大きく分けてヒーローズとファイターズがあります。

クライマックスヒーローズは2d格闘ゲームで、簡単操作で仮面ライダーを1vs1で戦わせるゲームです。

魅力はライダーのバリエーションで、ドレイクや斬鬼などサブライダー以外のライダーも多い事です。

私はクラヒフォーゼをやった事があり、左スティックを倒してフォームチェンジするのが面白いと思いました。

最後の出たのがwiipspなので、現代風にキャラも追加して復活して欲しいです。

対して、クライマックスファイターズは2対2で戦う簡単に言うとガンダムvsシリーズのような感じです。

仮面ライダーの3dアクションは珍しく、様々な技を駆使して戦います。ブレイドならAPを消費するなどライダー独自の要素があったりします。

ps4での発売もあってグラフィックはとても綺麗です。

また、オンライン対戦もありましたが、今はマッチングに時間がかかってしまいます。

続編としてジオウのキャラを追加したスクランブルがありますが、オンライン要素は省かれてしまいました。

追加して欲しい要素は、平成1期からリバイスまでのメインとサブライダーを追加して欲しい事と、劇場版フォームを使えるようになったら良いなと思います。

 

③ガンバライジングの移植

ガンバライジングはデータカードダスで、ゲームセンターで遊ぶゲームで鎧武の頃からあります。

稼働当初は少し遊びましたが、すぐ辞めてしまいました。

ですが、本人キャストがあったり、本編未登場フォームや世代を超えたタッグ、原作再現の演出などファンサービスが熱いゲームだと聞きます。

ただ、私のようなあまりゲームセンターに行かない人でもテレビゲームやアプリなどで遊べると良いなと思います。

switchでは同じくバンダイナムコドラゴンボールヒーローズが移植されているので、絶対に無理では無いと思います。

 

・まとめ

仮面ライダーのゲームは、新しいライダーが変わって間もない頃に発売される事が多いので、リバイスも終盤なのでそろそろ出ても良さそうです。

シティウォーズなどのアプリもサービス終了しているので本当にガンバライジングしか盛り上がっていません。

ワンチャン、ドラゴンボールファイターズのようにアークシステムワークスと共同開発で仮面ライダーのガチの格ゲーが来たら面白そうだと思いつつ、格ゲーは苦手という自分もいるので難しい所ですね。